Introduction To Information Security - Week3 - Assesement

10 Questions | Total Attempts: 458

SettingsSettingsSettings
Please wait...
Introduction To Information Security - Week3 - Assesement

情報セキュリティ入門 - Week3 確認テスト


Questions and Answers
  • 1. 
    DES や AES の特徴として、誤っているものを選べ。
    • A. 

      暗号化と復号で同じ鍵を使う

    • B. 

      鍵を用いずに復号できる

    • C. 

      安全性の評価ができる

    • D. 

      誰でも暗号化のプログラムを作ることができる

  • 2. 
     公開鍵暗号の特徴として、誤っているものを選べ。
    • A. 

      誰でも暗号化できる

    • B. 

      暗号化の鍵を公開できる

    • C. 

      誰でも復号できる

    • D. 

      共通鍵暗号より処理性能が劣る

  • 3. 
     暗号に関する記述のうち、正しいものを選べ。
    • A. 

      共通鍵暗号の方が公開鍵暗号より処理性能が劣る

    • B. 

      鍵の漏えい対策は一切不要である

    • C. 

      暗号化のための鍵を公開できる方式が存在する

    • D. 

      公開鍵暗号は 19 世紀中ごろから存在する

  • 4. 
     電子署名の特徴として、正しいものを選べ。
    • A. 

      誰が何に署名したかを誰でも検証できる

    • B. 

      署名生成のための鍵がないと署名の検証ができない

    • C. 

      署名生成のための鍵を公開できる

    • D. 

      署名生成者は署名生成の事実を否認できる

  • 5. 
      公開鍵証明書の特徴として、誤っているものを選べ。
    • A. 

      公開鍵証明書がない公開鍵は誰のものかわからない

    • B. 

      公開鍵証明書の検証はしなくてよい

    • C. 

      有効期限が設けられている

    • D. 

      電子署名を用いて実現されている

  • 6. 
      相手認証の特徴として、正しいものを選べ。
    • A. 

      パスワードは忘れないようにあちこちにメモした方がよい

    • B. 

      Web サービス利用時に Web サイトの認証は全くなされない

    • C. 

      生体情報を用いた認証方式は存在しない

    • D. 

      認証される側は秘密の情報を持っている

  • 7. 
      「3-5. なりすましを防ぐための相手認証」講義で紹介した電子署名を用いた相手(エンティティ)認証に おいて、毎回異なる乱数が必要である理由を選べ
    • A. 

      認証される側が有する秘密の情報の紛失を防止するため

    • B. 

      危殆化を避けるため

    • C. 

      なりすましを防ぐため

    • D. 

      公開鍵証明書のコピーを防ぐため

  • 8. 
      パスワードの運用について、正しいものを選べ。
    • A. 

      忘れないように複数のサイトで同じものを使った方がよい

    • B. 

      誕生日のようなわかりやすいものを使わない方がよい

    • C. 

      定期的に変更する必要はない

    • D. 

      忘れないようにあちこちにメモした方がよい

  • 9. 
      危殆化(きたいか)に関する記述のうち、正しいものを選べ。(メモ:危殆化とは、「危険な状態になること」「危うくなること」を意味する。コンピュータの性能向上によって暗号化技術をはじめとするセキュリティ技術の安全性が、相対的に低下していくこと指す。)
    • A. 

      様々な機器で使われている場合、危殆化の影響範囲は広大になる

    • B. 

      危殆化の原因はコンピュータの進歩に限られる

    • C. 

      危殆化に関する情報は一切発表されない

    • D. 

      危殆化が生じた場合も、互換性を考慮していつまでも使い続けてよい

  • 10. 
      以下の記述のうち、正しいものを選べ。
    • A. 

      共通鍵暗号を使うためには、公開鍵証明書が必要である

    • B. 

      ハッシュ関数は危殆化しない

    • C. 

      公開鍵証明書を検証せずに、公開鍵を使ってよい

    • D. 

      単純なパスワードを使うのは危険である

Back to Top Back to top