Q4 2014 Japan Quarterly Half-day Training I

5 Questions | Total Attempts: 70

SettingsSettingsSettings
Please wait...
Q4 2014 Japan Quarterly Half-day Training I

Take an exam to see how well you know McAfee Products。


Questions and Answers
  • 1. 
    プロフェッショナルサービスのブローシャーには大きく5つのカテゴリのサービスが記載されている。以下のうち正しいカテゴリのみを含むものはどれか。
    • A. 

      「セキュリティアドバイザリー」、「設計支援/製品導入」、「セキュリティ診断」

    • B. 

      「上流コンサルティング」、「教育/トレーニング」、「運用支援/緊急対応」

    • C. 

      「設定支援/製品導入」、「セキュリティ診断」、「運用設計支援」

    • D. 

      「セキュリティ診断」、「教育/トレーニング」、「インシデント対応」

  • 2. 
    SIEM 9.4.1がTIEサーバー/クライアントから受け取れる情報を選んでください。 
    • A. 

      悪性のファイルのハッシュ値、ファイル名、実行されたPCのIPアドレス

    • B. 

      C&CサーバーのIPアドレス

    • C. 

      SPAMメールの送信元のIPアドレス

    • D. 

      内部情報漏えいをしている可能性のあるユーザー名

  • 3. 
    競合他社を含めたSIEM製品で、従量課金制のものを選択しなさい。(複数選択可) 
    • A. 

      McAfee SIEM

    • B. 

      IBM QRadar

    • C. 

      Splunk

    • D. 

      HP ArcSight

  • 4. 
    Threat Intelligence Exchangeのキーメッセージとして誤っているものを次の中から選んでください。 
    • A. 

      グローバル脅威情報とローカル脅威情報を統合し未知の脅威を検知、瞬時の封じ込めを実現

    • B. 

      イベント、脅威、リスクのデータを収集しログを管理し、包括的なセキュリティ情報を使用してインシデントに迅速に対応

    • C. 

      未知の脅威に対する可視性の向上

    • D. 

      エンドポイント/ネットワークのセキュリティ対策を統合・最適化によるTCO削減およびROI向上

  • 5. 
    ニコン SIEMプロジェクトのきっかけとなった出来事を1つ選択しなさい。 
    • A. 

      プライベートSOCの設立

    • B. 

      開発部門の情報漏えい事件

    • C. 

      Splunkからのリプレース計画

    • D. 

      インシデント管理システムの導入

Back to Top Back to top